専業トレーダーの孤独な生活

パニック障害を患っていましたが、ほぼ回復しました。SBI証券で取引。ニックネームは賢狼パニ(・∀・)。皆さんからは「ぱにたん」と呼ばれています。やっぱり日経平均株価指数先物に復帰することにします。2018年の相場復帰を目標にブログを書いたりしながら、仕事と貯蓄を頑張ります(・∀・)

2011/06/11(土) 試行錯誤の中の操業

banner-2025436_1280

こんばんわ(・∀・)つ

休日出勤を終えて、やっと休日になった、パニたんです。今週も6日間勤務をなんとか終えることが、できました。とにかく寝て、体力回復を計ります。

職場では、日本人が辞めた後、欠勤していたブラジル人まで辞めてしまって、大変なことになってます。ラインの後半に、2人一組で最終チェックと付随作業、さらに2人組みで出荷作業をやっていたのですが、そこの部分の4人のうち2人が辞めてしまって、業務がはかどりません。今日はさらにフィリピン人が用事があるとのことで、途中で帰ったので、ラインが止まりましたw

先頭のわっちが、出荷作業の部分を手伝って、また先頭の業務へ戻るといった、もう手に負えない状況でした。班長も呆然としています。川上作業では、ブラジル人が3人ほど、休日出勤を拒絶して欠勤していて、さらに体調不良で一人がほとんど稼動できず、こちらも大幅な生産遅れです。このブラジル人の夜勤チームはただでさえ、遅れがひどく、今日は深夜まで日本人の管理職が3人も生産状況を確認しており、全員が首を横に振っていました。

この会社は、基本的に、昼勤務のみの操業スタイルの為、夜勤のノウハウが少なく、試行錯誤の中の操業が続いています。わっちに関しては、ライン稼働中に、のんびりと便座へ腰を下ろし、10分後にラインへ戻っても余裕があるという状況で、グダグダです。例えば、夜の3時から10分間の休憩がありまして、その後ラインが10分経っても、動かないので、トイレへ10分行くというような状況でして、ただ、立っているだけでお給料になる職場環境です。でも、やはり夜勤なので、非常に辛く、疲れますね。今日も残業3時間でした。このままだと、月間26日の夜勤勤務になりそうです。時給1000円が基本給なのですが、がんばると40万円を超える人もいるそうです。わっちは3時間の残業で満腹です。

6/1から6/11までの出勤回数10 
現在の仮想貯金 6,000円x10=60,000円  
実際の貯金 0円

スポンサーリンク
  

2011/06/09(木) 夜勤だと日中に眠れません

cat-1551783_1280

おはようございます(TДT)

へとへとで、倒れそうな賢狼です。体が疲れているのに、日中に短時間しか寝れなくて、疲れがたまっています。働き始めてから、ほぼ毎日4時間しか寝ていません。そろそろ限界です。今日は、ビールを一時間前に飲みました。これで眠れなかったら、ちょっといろいろと考えます。

今日は、朝5時ごろ、正社員の班長の姿が見えなくなって、30分が経過して、わっちに業務指示が出ないため、ラインの部品がなくなってしまい、ライン停止しました。他の日本人に聞くと、二階の休憩室へ入っていく姿を見たとの事。他の社員さんへ、相談したら、「班長、だいじょうぶかな?」と言いながら、班長を探しにいきました。休憩室の奥に、もう一つ部屋があって、そこで寝ていたみたいです。あわてて、階段をおりてきたので、寝ていたのでしょう。もうね、みんな限界のところで仕事をしていまして、いつ過労で倒れてもおかしくない状況です。班長は、毎日5時間の残業をしているので、そろそろ倒れるんじゃないかな?

わっちの班は、日本人が一人辞めているので、欠員1名の状況で、新人のブラジル人が今日は勝手に休んでいるので、最終検査工程が3人から1人になった状況でラインを稼動しているので、グダグダのボロボロです。川上工程のブラジル人が、うちの班の処理速度が異常に遅いので、理由を聞いてきて、教えてあげたら、彼らもグダグダにゆっくりと動き出して、笑ってしまいました。うちのラインは一日中警報ブザーが鳴りっぱなしで(ラインに商品が溜まっているので)、うるさくてしょうがないです。普通、製造業では、夜勤週に休日出勤はないです。あと残業5時間とか、夜勤専属でそれだと、ほんと体が壊れます。

スポンサーリンク
  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
訪問者数 ユニークユーザ数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google検索
月別アーカイブ
ブログ内の記事検索
Amazon.co.jpアソシエイト
スポンサーリンク
日経平均株価 日足と週足チャート
by 株価チャート「ストチャ」
関連コンテンツ(一部広告を含む)
アクセスランキング(直近の30日間)(上位30位)
にほんブログ村ランキング
人気ブログランキング
フェイスブックページ
Twitter プロフィール