専業トレーダーの孤独な生活

こんばんわ(・∀・)つ

今日も比較的元気だった賢狼パニ@しかし疲れ気味です。今朝はシャワーを浴びている最中に「仕事に行きたくない」という願望が込み上げてきました。今の職場は楽しいので、このような気持ちにはめったにならないのですが、今日は珍しくそのようになってしまいました。

以前の賢狼ですと、この気持ちを抑えることが出来ずに欠勤することもあったのですが、専業トレーダー復帰目前ということもあり、思いとどまって無事に出勤しました。八月稼働分のお給料は9月15日に振り込まれますので、専業トレーダーとして種銭を減らさないためには、あと二週間は働く必要があるのです。

今日の仕事は比較的忙しくて、もし欠勤していれば、同僚に迷惑をかけていたかも知れません。ですので、勤務中は「出勤してよかった」と感じていた賢狼でした。

平均年齢が高い職場

20代の若者一人を除くと、その他は全員が43歳以上の職場です。中年にとって立ち仕事は結構きついので、一人でも欠けると同僚に負荷がかかります。全員が「きつい、疲れた、眠たい」と口々に話しながらの勤務ですから、社会人として当日欠勤は避けたいですね。

派遣職場にありがちな欠勤率の高さ

派遣の人が150名以上もいる職場ですから、当日欠勤者がかなりいます。多い日だと14〜16人くらいは欠勤しますので、製造ラインのほうでは常に人のやり繰りで大変みたいです。そして、欠勤者の穴埋めに普段と違う仕事をさせられている人がライン長や管理責任者に食ってかかっている光景をよく見ます。

あのポジションは手が痛いとか腰が痛いと言って、ポジションチェンジを拒絶する人もかなりいるみたいです。もしくは、不慣れな人が前後に配置されるため仕事量が増えて苦情を訴える人も多数います。そのような場面をたびたび見ていると、

賢狼パニ(・∀・) 「わっちは自由に動き回れるポジションで幸せだなあ〜」


と感じてしまいます。まあ、わっちの部署の人間は陰口でかなりボロカスに言われているみたいですけどね。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \  ぷ〜んとキャンディーの臭いをさせながら、ぼんやりと立っている時間も長いですし、自由にトイレに行ったり椅子に座ったりしていますから、批判されても仕様が無いと感じてはいます。

しかし、炎天下の下で作業することもあり、大粒の汗を流しながら作業している時間もあるので、決して楽とは言い切れません。「他人の芝生は青く見える」っていうことです。 

株式相場と地政学的不安要素

日経平均は2万円を安定して維持しているみたいです。北朝鮮問題が若干気になりますが、賢狼が思うには韓国と北朝鮮は今更戦争をする気は無いと思います。国民性というか、戦争や統一をするのであれば、とっくにしていたと思います。休戦状態になって既に40年以上も経過していますから、朝鮮半島は今後も現状維持かなと感じています。

韓国にしても、敵対国家の国境からわずか80キロ程度の場所に首都を構えているくらいですから、戦争に対する危機意識など微塵もないのでしょう。それが韓国と言う国であり、国民性なのかなと感じています。

北朝鮮にしても、ロシアと中国経由で物資が国内に流入する限り、ギブアップはしないと思います。それよりも、いずれ北朝鮮の国民が不満を募らせて、それが元となり国が内部から崩壊することの方が戦争や統一よりも先になると賢狼は考えています。

上記の部分が日本経済の危惧する地政学的不安要素です。問題は韓国が来年2月のオリンピックを北朝鮮から妨害されることなく無事に開催できるかが、当面のわっちが考える朝鮮半島の課題だと思っています。これから数カ月間は、日本の株価もこの点を憂慮した展開となるので、右肩上がりの株価上昇の可能性は少ないと予想しています。

これらを踏まえながら、8/17から専業トレーダーとしてトレードを始めようと考えている賢狼パニでした。

この記事の拍手コメント

2017.08.01 23:23 名無しさん
「問題は韓国が来年2月のオリンピックを・・・」 トレーダの全員が、韓国のオリンピックの成功の有無(北朝鮮の妨害)には無関心と思うし、韓国オリンピックは日経225に影響しない。パニたんは、初心者レベルで実力が不足しすぎてる。
 
スポンサーリンク