専業トレーダーの孤独な生活20171207

こんばんわ.。゚+.(・∀・)゚+.゚

最近はほんとうに疲れがちな賢狼パニ@寝てばかりです。昨夜は10時に就寝しましたが、目が覚めたのは真夜中の3時です。その後は朝の9時まで姉妹サイトのブログの改良を堪能して、再び朝寝を始めました。

次に目が覚めたのはお昼の1時です。再び姉妹サイトのブログ改良を実行中に、ちょっとした予想外の展開がありました。ライブドアブログの定期メンテナンスです。これは40分程度で終了したので、その後はダラダラと動画を見ていたら、いつの間にか寝てしまいました。そして目が覚めたら夜中の0:30だったという訳です。

当ブログにコメント欄を開設しました

当面は拍手コメント機能と併用して運用する計画ですが、拍手コメント欄は来年の1月にはライブドア社からサービスが終了されてしまう機能です。今日は日中にコメント欄の機能設定をして、実際に自分で試しにコメントを送信してみました。

賢狼パニ(・∀・) 「ふむ。なるほど。こんな感じなんだな」

ブログ運営者の間では賛否両論のコメント欄ですが、コメント掲載に関しては承認制を選択したので、コメント欄の運用に関して無秩序な無法地帯になることはないでしょう。当ブログはアドセンスブログなので、NGワード等の制約があります。

送信されたコメントをすべて掲載するとアドセンス規約に抵触するケースもありますので、承認制を採用していますが、前向きなコメントは全て掲載していく考えです。しかし、当方で不必要と判断したコメントに関してはスルーしますのでご了承ください。また、部分的に改変が必要な場合は、当方にて修正した後に、賢狼がコメント欄にて再投稿をします。

ヨガをサボってばかりなのが疲労の原因です

ヨガをすれば体が疲れにくくなるのは経験で知っています。また、睡眠の質が良くなるので、疲労回復にも効果的です。基礎代謝が高まり、寝ていても痩せる体になるのもヨガの魅力です。

賢狼パニ(・∀・) 「しかし、ヨガをする時間を確保できない」

まあ、これは言い訳にすぎません。要するに賢狼の怠け癖なだけです。

健康管理には時間的な投資が必要

40歳を超えた肉体は、常日頃のメンテナンスを行う必要があります。疲労回復には血行を良くする努力が必要です。整体院などで横になって肩や背中を揉んでもらっても、これは一過性に過ぎません。疲れにくい体質に改善するには、背中や股関節を柔らかくして血行をよくし、血圧を下げて心臓にかかる負担を軽くするのが効果的です。

そんな訳でこの記事を投稿後から、再びヨガを再開しようと思います。目標は1日2時間のヨガです。働きながらの生活環境下で、1日に2時間をヨガに費やすのは簡単ではありませんが、がんばります。数週間後には、当ブログで「疲れた、きつい」といった記事を見かけなくなった時は、

閲覧者(^ω^) 「おっ、パニたん、ヨガの効果が出ているな」

と、思ってください(・∀・)

youtube直近48時間の海外からの視聴回数

youtube

日本x3
トルコx4
インドx3
チェコx2
イタリアx1

この記事の拍手コメント

2017.12.07 02:39 名無しさん
あなたのヨガ計画は、始まったとしても程なく挫折します。私も株はダメですが、この予想は当たると思います。

2017.12.07 19:20 名無しさん
ツマラナイ質問で恐縮ですが、いくらあればデイトレーダーになれると思いますか?一般的な場合とあなたの場合で。

賢狼パニ(・∀・) 「相場が活況か閑散かで違ってきますが、わっちの場合はミニ3枚〜5枚程度の建玉で生計を立てれると思います。ミニ一枚の証拠金は今日現在で約66000円なので、資金が33万円あればよいですね。

SBI証券だと持ち越し不可の取引条件下では証拠金を半額にできますから、165000円となります。レバレッジの高い日経平均先物を取引すれば、数十万円もあればデイトレーダーとしてスタートはできます。まあ、このような少額の場合は、最初の数回の取引で連敗をすると終わりですけどね。

逆に数連勝できれば生計を立てることも可能ではないでしょうか? 現物株の信用取引の場合は、やはり100万円以上は必要だと思います。種銭を生活費で減らさない為にも、二か月分の生活費は別口座で確保出来ていれば十分だと思います。

資金が多ければ多いほど、大きな値幅を取らなくても生計を立てやすくなるので、取引に無理が生じないと思います。取引ロット(ポジションのサイズ)次第ではないでしょうか? 」

賢狼パニ(・∀・) 「一般的と言いましても、才能ある人は50万円程度からスタートしても一億円を達成できますし、才能がなければ1000万円から始めても破産すると思います。最初の一年間は順調でも二年目に大怪我をして退場になることもありますし、トレーダーを長く続ける人もいれば、数億円を貯めた時点でトレーダーを引退する人もいます。

専業トレーダーは精神的にかなり辛いですから、数十年も続けるような職業ではないと思います。黒字の時は、専業トレーダーほど楽しい仕事はないのではないでしょうか?逆に赤字になれば、気が狂いそうになるくらい辛いです。」

スポンサーリンク