専業トレーダーの孤独な生活20171216

こんばんわ 川 ̄_ゝ ̄)ノ

今日は万全の体調で働いてきた賢狼ぱに@最近は古い音楽に夢中です。ここ10年間くらいは音楽を楽しむほど気持ちにゆとりがありませんでしたが、最近は一週間に数回は音楽を聴くようになりました。MCハマーやマイケルジャクソンなどメジャーなヒット曲が中心ですが、マクロスの「ライオン」などアニメ主題歌も良く聞きます。また、ユーチューブなどに投稿されている1990年代のヒット曲集なども、お気に入りです。

さて、昨日も書きましたが、本日もブログ執筆について書きたいのです(・∀・)

ブログ執筆と深い関係があるのは、なんといっても検索エンジンです。これは昨日もちょっと書きましたが、それこそ星の数ほどあるインターネット上の情報を分類して表示してくれるのが検索エンジンです。

賢狼も頻繁に検索エンジンを利用する側の人間ですが、トップページに表示されている記事を読んでいると、どれもこれも似通った物ばかりと感じたり、

賢狼パニ(・∀・) 「ああ、これは誰かの記事のリライトだなあ」

と感じ取って、閲覧を中止することも多々あります。別にリライトの記事でも内容がしっかりとしていて、記事タイトルに書いてある事を解説してあれば良いのですが、どこまで読んでも核心に迫らないまま記事が終わっている文章には困ってしまいます。

そうなってしまうのには理由があります

常日頃から検索エンジンだけを利用していると、どうしてもグーグル先生のフィルターを通した記事ばかり読むことになってしまいます。いうなればステレオタイプ的な記事ばかりを読む傾向が強くなるということです。

しかし、これにはついては致し方ないと感じる部分はあります。そもそも個人が無料で記事を公開しているのがブログやホームページです。無料で閲覧可能となっている物に高いクオリティーを求めても、それは地上波放送に対して常に大作映画並みのクオリティーを求めるのと同じで、無理な話です。

価値ある記事を書くためにはかなりの時間を費やす必要があり、広告収入などを執筆時間の対価として受け取ることを前提に記事を書いているのが普通です。この場合、執筆者の記事がより多くの方の目に触れないと記事執筆に費やした時間が徒労に終わってしまいます。

この点において、レンタルサーバーでブログを運営している方は、検索エンジンに自分の記事を評価してもらうことが重要となり、ある意味、「ブログ執筆は遊びではない」と言えるのです。

ですので、検索エンジンの検索結果で上位表示されている記事の執筆者は、上位表示されていない執筆者よりも真剣に検索エンジンの評価を気にしながら記事を書いていることは確かなのです。

検索結果の表示順位1位と11位では天と地ほどの差があります

ブログを執筆されている方はお分かりだと思いますが、どんなジャンルのどんなキーワードの検索結果でも1ページ目と2ページ目では、記事をクリックされる回数が10倍〜100倍は違うのです。同じ1ページ目でも1位と5位では相当の開きがあります。この差は非常に大きく、誰しもが最低でも3位以内を目指して切磋琢磨しているのが現状なのです。

ですので、どんなに良い記事を書いたつもりでも、SEOで負けていては検索エンジンから評価される可能性が低かったのがつい最近までの傾向でした。

賢狼パニ(・∀・) 「あれ? 文末表現が過去形に?」


実は、グーグル先生はここ近年、かなりの頻度で検索エンジンの仕様のアップデートを繰り返しています。そして、賢狼の記事はどちらかというと、その恩恵を受ける側に回ったのでした(・∀・)

わっちが考えるに、これから将来のブログ執筆に小手先テクニックは必要なくなると思います。検索エンジンはここにきて急速に改良を繰り返しており、それこそ人工知能(AI)が記事を適切に評価し始めていると実感しています。

当たり前のことをするだけ

「ブログ執筆者は、閲覧者に有益な記事を分かりやすく自分の言葉で書くこと。」 これがグーグル先生が求めている基本の部分だと感じています。これが出来ている記事だけが、評価対象として順位付けされる時代がすぐそこまで到来しているのを肌でヒシヒシと感じることが出来ます。

読み物的な記事を求めるなら、ブログランキングがおすすめ

インターネット上には検索エンジン以外にも、ランキング形式で記事やブログを集約しているサイトがあります。それがブログランキングです。カテゴリーを選べば、閲覧者に支持されている順にブログがランキング形式で表示されています。

そして、どのジャンルのブログでも、やはり上位のブログは読みごたえがあります。しかし、1位が一番おもしろいという訳ではありません。1位のブログは万人向けに書いてある場合が多く、下位ランクでも、

賢狼パニ(・∀・) 「これは突き抜けていておもしろ〜」

と、感じるブログもあります。ぜひ、閲覧者の方も時間が許すときには、一度はブログランキングでいろいろな個人ブログを探してみてはどうでしょうか? 

賢狼パニ(・∀・) 「あ〜あ。この人は完全に別世界の住人なんだなあ」

と、執筆者の半端ない世界観に圧倒されることもあり、意外と面白いです。

この記事の拍手コメント

2017.12.17 18:11 名無しさん
姉妹サイトでも副収入は発生してますか?興味があります

賢狼パニ(・∀・) 「姉妹サイトの場合は、訪問者数x1.2倍程度のPV数ですので、月間でタバコを二箱買える程度です。記事を投稿しても検索エンジンからの評価が定まるまで三ヶ月以上かかるので、先月や今月に入稿した記事でアクセスを得るには来年の2月頃からだと思います。

逆に言うと、高評価を得た場合は簡単には順位が落ちないのです。二本の内、一本は脈ありの挙動をしていますが、もう一本は駄目かもしれません。実際に姉妹サイトは6月頃までは鳴かず飛ばずの状況でしたが、それ以降はゆっくりと右肩上がりを続けています。

もう少し記事が増えればドメイン全体の評価も高まるので、あと10本はしっかりとした記事を書きたいと考えています。」

スポンサーリンク