専業トレーダーの孤独な生活20180106

こんばんわ〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚

今日は体調が良い賢狼パニ@それでも体調に不安を感じています。昨夜はヨガを1時間みっちりと堪能して就寝しました。今朝起きた時にふと感じたことは、

賢狼パニ(・∀・) 「ん? 気のせいか知れないが体が軽く感じるなあ。そして疲労感を感じない」

ヨガと賢狼パニ

ブログでもヨガの効果を頻繁にアピールしていますが、実は12月はかなりヨガをサボっていたのです。これは仕事の疲れからヨガをする気がなくなり、体が硬くなって疲労を蓄積し、疲れからヨガをサボるという悪循環に陥っていたのです。

二日連続でみっちりとヨガをしたのは一か月ぶりでしたが、やはり効果はあるみたいです。今日は残業を45分ほどしてから帰宅したのですが、今のところは普通の体調です。

本日もこのブログ執筆後は入浴>ヨガ>ちょっと動画を見て就寝の流れになりそうです。さて、本日は特別なテーマもありませんので、仕事について書きたいと思います。

賢狼の仕事

わっちは管理部門で働いています(*'-'*) 大多数のスタッフは入荷や出荷に携わっていますが、わっちは自分のペースでコツコツと数字管理の仕事です。数字管理といっても結構な肉体労働でして、重量物を持ち上げたり移動したりと、時間に追われないだけで他のスタッフと基本的な作業量に違いはありません。

この「時間に追われない」という部分が曲者でして、一日単位では進捗状況は微々たるものなので必要な業務総量の1%も消化していませんが、これにも当然ですが締め切りがあります。

スタッフ不足から一人だけで孤軍奮闘する日も多く、圧倒的な物量に対して蟻が象に挑むようなものです。当然ですが上層部が設定した締め切りまでに終わらないことは、始めた時点から分かっている状況です。今日は他の管理部門の同僚から、

同僚(^ω^) 「パニたん、どんな感じ?」

賢狼パニ(・∀・) 「命を賭けるなら、絶対に間に合わない方かな?」

同僚(^ω^) 「え? それって無茶苦茶やばくね?」

賢狼パニ(・∀・) 「そう言われても見ればわかるでしょう。どうしよう?」

同僚(^ω^) 「今月末の締め切りもそうだけど、3月末をジャンプするのは、絶対にダメらしいよ」

賢狼パニ(・∀・) 「まあ、それは上司が考えることでして、わっちとしてはどうしようもない」

同僚(^ω^) 「それはそうと生産性向上を議題とした会議がもうすぐだよ。各部門で対策を発表することになっているけど、準備は出来ているの?」

賢狼パニ(・∀・) 「ああ、それは大丈夫。月間数十時間も節約できるシステムを考えたから、先日自宅で作ったシートがあるんだよね」


このような会話のあとに、自分だけで運用している書類やシートを同僚に見せると同僚が驚いて、

同僚(^ω^) 「うはあ。これって凄くね? これは画期的だよ。いやあ、これは凄すぎる。これ、パニたんが自宅で作ったの?」

賢狼パニ(・∀・) 「そうだよ。数日前に作って自分だけで運用しているけど、これを全社的に導入すれば月間でかなりの生産性と効率が向上するんじゃないかな?」

同僚(^ω^) 「毎日5分も掛からない仕事をすることで、数十時間も管理時間が減ることになるね。これは便利だよ。書式も考え抜かれていて、このまま採用できると思うよ」

賢狼パニ(・∀・) 「(* ̄∇ ̄*)エヘヘ そうかな? 」

同僚(^ω^) 「上司はなんて言ってたの?」

賢狼パニ(・∀・) 「は? 自分で勝手に作って今は試験運用中。なにも相談してないよ」

同僚(^ω^) 「パニたん凄すぎ。これはぜひ上司に見せて次の会議で報告するべきだよ」


今日はこのような感じで働いていました。勤務中に自由に会話ができるので賢狼的にはお気に入りの職場です。この同僚(^ω^)は、賢狼の部門が手に負えない仕事を引き受けてくれた部門で働いているのです。しかし、彼らも多忙を極め、こちらが丸投げした仕事の3%も消化していない状況で、お互いに絶望感を感じている間柄なのです。

もうどうにでもな〜れ

この同僚(^ω^)は、賢狼の上司からかなり詳しく現状を聞いているらしく、当事者の賢狼よりも詳細に状況を把握しています。賢狼は勤務中は自分の仕事に没頭しているので、上司と会話をすることは殆どありません。

上司は全体を統括する立場で多忙なので、他の部署では必ず行っている朝礼も賢狼の部署では上司不在ということで朝礼は一度も行ったことがありません。つまり完全に放置されているのです。数か月後の締め切りよりも今日の締め切りに追われている上司は、管理の仕事よりも現場優先なのです。

ちなみに、同僚(^ω^)の所属している部署も賢狼の上司が管理していますが、同僚(^ω^)は話好きなので、頻繁に上司と会話をしています。

仕事が遅延している理由

これは、単純に人員を回してくれないからです。「フルタイムのスタッフが3人」は必要なのに、「フルタイム1人+短時間勤務のパートさんを稀に投入」では、終わる仕事も終わるはずがありません。

賢狼パニ(・∀・) 「数十万点のアイテムをどうやって一人で管理するんだよヽ(#`Д´)ノ 」

(この記事の執筆時間:1時間30分)
(この記事の文字数:2103文字)

スポンサーリンク