専業トレーダーの孤独な生活

こんばんわ(・∀・)つ

今日も元気な賢狼パニ@お仕事は順調です。職場ですから、面白くない事もたまにありますが、トータルでは仕事を堪能しています。

以前は嫌々働いていたけど、今の職場は快適です

おにぎり工場などへ通っていた時は、出勤日の朝に目が覚めた瞬間から「いや〜な気分」になっていました。しかし今は違います。仕事中も時計を見ることはなく、一心不乱に仕事に没頭しています。

賢狼は自由に仕事をさせてもらえると、自分の頭で考えて効率的な仕事をします。型にはめられた仕事をさせられると、頭の中が退屈で仕事に対して興味を失ってしまうのです。今の職場は基本的に単調な業務しかありませんが、賢狼が在籍している部署は肉体労働的な面もありますが、頭脳労働なのです。

わっちは、今の部署で仕事を始めてからすぐに気がついたのです。

賢狼パニ(・∀・) 「あれ? この仕事は先の先まで想定しながら頭を使わないと、作業効率も上がらないしミスが多くなるなあ。」

そのことに気がついてからは、上司に質問ばかりしていました。そのような状態で約2か月が経過した頃には、同僚が知らないような仕事を習得しており、今では社員さんから頼りにされています。

いくつかの仕事の流れは、賢狼が発案して上司が承諾をしてくれました。そのような事が幾度となく続いたのですが、上司は賢狼の提案を否定することなく、

「う〜ん。それは良いアイデアだね」

と快諾してくれるのです。こうなると仕事が面白くなります。お風呂の中でくつろいでいる時も、効率よく仕事が出来るようにシステムの盲点や欠点がないかなど、あれこれと頭の中で思考実験を繰り返します。

そんな感じでここ数週間は仕事を頑張っていました。昔のサラリーマン時代のように、仕事に対して熱意を持てたことに「運がよかったな」と感じています。

能力はあってもそれを活かす場がなければ、それまでだからです。まさかこの歳になって自分の能力を使える職場に巡り合えたことに、「2018年度は良い年になりそう」と感じています。ぱに

スポンサーリンク