専業トレーダーの孤独な生活20180622

こんばんわ(・∀・)つ

今日は残業を3時間ほど頑張って午後9時20分に帰宅した賢狼パニ@体調は好調を維持しています。今日も元気に原付で出勤したのですが、本日の事業計画を確認すると、どう考えても処理能力を大幅に超えた物量となっています。

賢狼パニ(・∀・) 「あ〜あ。これはひょっとしたら残業4時間もあるなあ。嫌だなあ。」

と思っていましたが、残業そのものは3時間で終了となりました。しかし、仕事が全て片付いた訳ではなく、昨日よりも状況は悪化したのです。管理系の仕事をしている賢狼が、朝から応援要請を受けて現場で作業をしているということは危機的な状況を示しています。同僚が「ぱにたん、通常業務はだいじょうぶなの?」と聞いてきましたが、

賢狼パニ(・∀・) 「うむ。もう1週間も通常業務をぶん投げて現場で稼働しています。会社側もまずいとは思っていても、目先の入出荷業務を処理することが至上命令なので、管理系の業務は後回しで良いという考えです。数人の上司から締め切りに間に合うか聞かれましたが、残念ながら現在の状況では徐々に遅れが発生していて、ぶっちゃけた話、期日には絶対に間に合いません。」

と、答えました。毎度のことですが、期日になると会社のかなり上層部から賢狼の業務の状況を確認する通達が届くのですが、わっちの回答は、

賢狼パニ(・∀・) 「はあ? こうなることを承知で通常業務を停止して現場で稼働させたのは会社の指示です。この期に及んでわっちの部署の進捗遅れを詰問されても、それはお門違いだと思います。わっちは部門長として働いていますが、スタッフも全員しっかりと働いています。進捗遅れに関しては、必要業務時間の4割をカットされては、どう考えても期日に間に合うはずはありません。」

と、きっちりと当方の意見を述べました。直属の上司の指示で通常業務をぶん投げているのですが、会社の上層部はそのことを知らないのでしょう。困ったものです。これが現場の苦労というものでしょうか? さて、トレードの話題です。

昨夜の取引 約2,900円の勝利(*'-'*)

昨夜のトレードは売りを仕掛けようと思っていましたが、すでに株価が下がり過ぎていたのでショートポジションは断念しました。仕方なくリバウンド取りでちょっとだけ日当を稼いで取引は終了となりました。尚、本日の日中の取引は見送りしています。強引に出勤前にポジションを保有するならロングだと思っていましたが、微妙な雰囲気もあったので手堅くスルーを選択したのです。

決済記録20180622

決済明細20180622

年間取引損益照会20180622

本日の夜間取引

帰宅時間が遅かったせいもありますが、すでにそれなりの価格まで株価は上昇しています。しかし、今夜の米国市場は鉄板の値動きをしていますから、ここは自信を持って「ロング」で攻めています。現在は含み損が6000円程度と苦しい局面となっていますが、含み損12000円程度までは耐えてみようと思います。

今夜の米国市況20180622

夜間取引20180622

ダウ平均は堅調に上昇を続けていますが、ナスダックが急落中なのです。ドル円の為替も若干ですが円高に動いていることも、先物が売られている原因です。まあ、ビットコインの8.4%の急落に比べれば、かわいいものですけどね。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

来週は日経平均が23000円を超えるかも知れません。そのような展望が見えている人にとっては、この22500円前後の価格帯は、最後の仕込み場所となります。そういったこともあり、最近の日経平均株価は異常に底堅いと感じているのは、賢狼だけではないと思います。

しかし、ドテンしたい衝動に駆られていることも事実です。ぱに

スポンサーリンク