専業トレーダーの孤独な生活20180629

やあ、こんばんわ(・∀・)つ

暑い日が続いている中部地方で、派遣パートとしてコツコツと働いている賢狼パニ@いつの日か専業トレーダーに復帰したいと考えています。しかし、もう二度と「もやし生活」には戻りくないので、食費に困るような事態だけは避けるためにも、仕事を当面は続ける計画です。

昨夜の夜間取引 +28,608円

決済記録20180629

年間取引損益照会20180629

決済明細20180629

トレーダーとしての才能を覚醒しつつある賢狼パニです。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ まあ、たまたま賢狼の相場観とマーケットが一致しているという事にしておきましょう。しかし、この数週間の好調はトレードスタイルを若干ですが変更した点に要因があります。それは利食い時に逆指値を使うようになったことです。

例えば、含み益が20円を超えた時点で、逆指値をプラスマイナス収益ゼロにセットします。そして含み益が増えるにしたがって、逆指値も徐々に株価に追随をしていきます。この手法だと、含み益のポジションが含み損に反転するようなことを避けつつ、利益を伸ばす決済が可能なのです。賢狼には悪い癖があり、含み益が増え始めるとそのポジションは未来永劫に含み益を増加させ続けるような感覚になってしまうのです。しかし、逆指値を使った利食いは、損小利大の理想的なトレードに近づくことが可能なのです(・∀・) 

ポジションを保有してから、すぐに含み損になる展開は明らかに相場の方向性を読み間違えているか、エントリーのタイミングが悪いからなのですが、そうならないようにエントリーするタイミングには気を配っています。まあ、場帳を見ながらのトレードなので、自分が見えている大引けの株価に対して、利益がでるようにポジションを保有するだけなんですけどね。

わっちが大好きな「ヒカルの碁」でも、強い棋士は早い段階で終局図が見えているという描写が多々出てきます。賢狼もそのようなトレーダーになりたいと考えているのです(*'-'*) つまりアニメと囲碁と株式トレードの融合ということです。「神の一手」と同じように「神のトレード」を目指して、今後も頑張りたいと思います。

今夜の夜間取引

今夜は定時で帰宅してから、既に数回のトレードを消化しています。感度的には下落の方が振幅が大きいと感じています。しかし、為替相場を見る限りでは、日経平均は22000円を下回ることはなさそうです。NYダウは約10営業日ほど続落中ですし、現在は+113ドルと買い優勢ですが、22:30の開場後は現在の強気を維持できるかがポイントになりそうです。

そのようなことを考えると、今晩のNYダウのチャートは「山型」と想定しています。深夜1時〜2時頃を株価の頂点として、その後は週末恒例のぶん投げ祭りになりそうというのが、今夜の賢狼の戦略です。スケベ心を出せば、ロングポジションでエントリーして、深夜1時にドテン売りなのですが、開場直後の急落に巻き込まれてしまうと、この戦略はボロボロになってしまいます。

ですので、深夜1時までは様子を見るのがセオリーになります。しかし、現在の24326ドルを起点に早い時間帯で上に100ドルほど動けば、戦略を変更してエントリーすることも視野に入れています。その場合でも、「高いところで売りたい」というのが今夜の方針なので、株価が上昇していても、その動きではINすることはありません。

また、賢狼の戦略には、もうひとつの予備戦略があります。これは大勝を狙えますが、発動するチャンスがあるかが問題です。為替相場は1ドル110.65円と下落の余地(円高方向への動き)は十分にあります。ダウはプラス150ドル〜170ドル前後から真っ逆さまにマイナス500ドル程度まで下落すれば、日経平均株価は21500円程度まで突き抜ける可能性があるのです。週末ということもあり、来週の7/4は米国の独立記念日でアメリカ市場は休場となります。

つまり、今夜の大幅な株価の下落はアメリカ人にとって、クリスマスに次ぐ一大イベントを株安で迎えることになるので、それを嫌って我先に売りを仕掛けるかもしれないのです。まあ、賢狼の妄想ですけどね( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

ファイナルアンサー

すけべロング発射〜22:19


賢狼パニ(・∀・) 「どうしようかなあ。ダウ先物のチャートを見る限り、右肩あがりのまま、大引けを迎える可能性も高いんだよなあ。とりあえず、スケベ心を出して、ロングを発射してみよう。」

この記事を書きながら株価を見ていましたが、今夜の中心価格帯は22250円〜22270円前後です。ちょっと割安に感じたので、ミニ2枚の打診買いをしました。危ないと感じたら即逃げします。ぱに

スポンサーリンク