収益グラフ20180720

こんばんわφ(.. )

昨夜の夜間取引と本日の日中の放置トレードで約36000円のプラス収支になった賢狼パニ@非常に浮かぬ顔をしています。浮かぬ顔の原因は、現在参戦中の夜間取引で含み損が発生しているからです。

本日の仕事

全国的に酷暑となっていますが、屋外で働く人や外回りをする人にとっては地獄の暑さです。賢狼の職場でも「暑い、暑い」が皆の口癖となっており、休憩時間は誰しもが水分補給をしています。わっちも水1リットルとアイスコーヒーやジュース類を持参して、帰宅する事には持参したそれらの飲料2リットル全てを飲み切っているような状況です。

お仕事内容は堅調なのですが、指定された期日をジャンプしてしまい、現在は慌てて作業しているような状況です。しかし、この暑さの為に作業効率が低下しており、一か月遅れでも作業を終了できるか不安な状況です。頑張るしかない状況ですが暑さの為に疲れてしまい、本日は定時で帰宅しました。

昨夜の夜間取引の回想

昨夜は2時過ぎまで株価を観戦していたのですが、薄利で取引を終了としました。終値も賢狼が決済した価格と同程度でしたので、それなりに適切な判断だったと思います。

決済明細20180720

年間損益取引照会20180720

本日の日中の放置トレードの回想

出勤前に先物価格の気配値は22785円ほどありました。昨夜は為替相場が1円ほど円高に飛んだこともあったので、日中に株価は弱含みの展開と予想しました。問題は寄り値で売りを仕掛けるか、若干上の方で待っているかの選択となります。売るのなら当然ですが高値で売りを仕掛けた方が、相場が想定と逆の方向へ動いた場合の損失も少なくなりますし、売り指値が高値で刺されば利益も大きくなります。

「高値で売って、安値で買う」

これはトレードの基本ですから、本日は売り指値を@22830円、22850円、22870円、22890円にセットしました。決済価格は運任せの大引自動決済です。そしたら、22830円と22850円の売り指値がヒットしたみたいで、無事に高値売りを成功させることが出来たようです。収益は引けに掛けて値を戻したので減少しましたが、それでも2万円を超える収益となったので良かったと感じています。

とんでもない状況の夜間取引

本日の夜間取引20180720

帰宅時に株価をチェックすると22730円程度でした。今夜の米国市場はプラスで推移することが経験で分かっています。理由としては先日に発表された経済指標が良好なのに、株価が下落した翌日の米国市場は堅調に推移することが多いのです。

ですので、自信を持ってLミニ2枚@22720円を発射しました。その数十分後には為替相場が突如崩落し始めてしまい、ナンピンLミニ1枚@22675円とナンピンLミニ1枚@22660円を発射するも、株価はリバウンドしません。そして、賢狼お約束の「寝落ち」です。エアコンを切っていたので室内温度が30度を超えてしまい、寝苦しくて22時15分頃に目が覚めました。株価を見ると22510円です。つまり含み損が7万円超という悲惨な状況でした。

賢狼パニ(・∀・) 「あ〜あ。駄目だこりゃ。」

しかし、その後は株価が徐々に回復傾向にあり、現在は含み損5万円程度まで復活しています。今夜はアニメ「カイジ」でも見ながら2時までは株価をチェックしますが、明日も仕事を控えているのでその時点で損切をするか放置するかを決断したいと思います。ぱに

スポンサーリンク