専業トレーダーの孤独な生活

パニック障害を患っていましたが、ほぼ回復しました。SBI証券で取引。ニックネームは賢狼パニ。皆さんからは「ぱにたん」と呼ばれています。2017年3月27日に全財産10万円を握りしめて専業トレーダーに復帰しましたが再び退場です。8月16日にトレーダーに復帰します。専業です。

おすすめ書籍と映画(DVD)

2010/01/12(火) おすすめの映画(DVD)

今日はお勧めの映画を紹介します(・∀・)



このページは、今後も追加、更新をします。レンタル店で迷った時に、参考にしてください。監督や制作年月等がわかるので、便利だと思います(`・ω・´)

米国映画俳優 エリック・ストルツ


賢狼は米国の俳優でエリック・ストルツさんがお気になのですが、皆さんはご存知ですか?エリックさんはあの有名な映画 back to the future の最初の主演俳優でした。彼が主演で撮影が始まったのですが、監督の考えるイメージと違うということで、マイケル・J・フォックスさんと主演を交代したエピソードは米国映画界では有名ですよね。 そのエリックさんですが、その後は主演作品にも恵まれてトップ俳優に成られました。日本ではVHSビデオでしか発売されていませんが、「女神がそっとほほ笑んで」はマイナーな作品ですが、賢狼のお気に入りの作品の一つです。あと「恋しくて」などは賢狼がまだ若くて感性が豊かな頃に見た映画でして、これらの映画を見てアメリカに憧れを抱いたものです。映画はぜひ感性の豊かな10代の頃に見て貰いたいですね。日本語吹き替え版も楽しめますが、ちょっと英語を勉強すれば部分部分で英語でも聞き取れるようになれます。そうなると、米国映画は最高に面白いですよ。

フィラデルフィアで撮影された有名な映画

賢狼は19歳〜20歳の頃は、アメリカに住んでいました。フィラデルフィアです。ちなみにフィラデルフィアにある国立美術館の日曜日の入館料は1ドルです。国立美術館は全米にたくさんありますが、その中でも大きくて有名なのは4か所あり、ニューヨーク、フィラデルフィア、ワシントンD.C.、ロサンゼルスです。これら4か所の美術館はアメリカの4大国立美術館と呼ばれていて、フィラデルフィア国立美術館はその中のひとつです。賢狼はその近所に住んでいました。このフィラデルフィア美術館にはゴッホの「ひまわり」(1889)が飾ってあります。ピカソの部屋もあって、部屋の壁一面がすべてピカソの絵画で埋め尽くされていました。

ちなみにシルヴェスター・スターローン主演の映画「ロッキー」(1976年)の中で、主人公がトレーニングのために駆け上がる階段はこのフィラデルフィア美術館の正面の階段なのです。 当然ですが、賢狼(・∀・)もこの「ロッキー・ステップ」を駆け上がり、フィラデルフィア市の中心に向かって、「エイドリア〜ン」と叫びましたよ(笑)

アメリカ在住の頃、映画館で経験した面白い出来事

さすが映画の国のアメリカです。賢狼がアメリカの大学へ留学していた19歳〜20歳の頃は平日の午後17時以降は映画館の入場料が3ドルと非常に安かったのです。 そして、人生で初めて行ったアメリカの映画館で面白い体験をしたのです。見た映画は賢狼のお気に入り俳優エミリオ・エステベスが主演の映画「ジャッジメント・ナイト」(1993年)だったのですが、映画そのものは賢狼的に「微妙〜」と感じたのですが、恐らく他の観客も同様に思っていたのでしょう。

ちょうど賢狼の右後ろの黒人男性が、アクションシーンになると、映画館中に聞こえるくらいの大きな声で、奇声というか相槌(あいづち)を打つのですが、それがもの凄く面白いのです。主人公が殴られると、その黒人男性が「デム」とか「シット」などタイミングよく汚い言葉を発するのですが、それが退屈な映画以上に面白いのです(・∀・)

本来なら静かに鑑賞する映画館内ですが、微妙な内容のアクション映画だったので、他の観客もその黒人男性の奇声を聞くのが楽しくなり、皆が彼の面白い大声を許したのです。映画の中で笑う場面ではない部分で映画館内が爆笑するという、アメリカ人の許容力の大きさというか、映画や人生を楽しもうという価値観の片鱗を渡米後すぐに垣間見れたのは貴重な体験でした。

スポンサーリンク

おすすめ書籍



これらの本を読んで私は勉強しました。非常に奥の深い本を選んだつもりです。そして、最終的に私が学んだことは、書籍から学んでも儲かるトレードはできないということです。

過去の自分の取引実績をチャートと見比べながら検証することが、上達への近道です。私は時間的にかなりの遠回りをしました。システムトレードに惚れこんでいた時期もありましたし、ファンダメンタルに固執した時期もありました。チャートとの格闘もかなりの期間になりました。

最終的に自分のスタイルが確立できるまで約5年ほどかかりました。天才トレーダーというよりは、努力型の最終形(シャア専用)みたいな、感じです。意味不明ですいません。でも儲かるトレードスタイルって意味不明なんですよ。これ事実です。

取引手法について

株式やFXに関連した書籍はたくさん出版されています。用語解説や口座開設方法など基本的な本から、一般的に言われている投資格言などを紹介している書籍もあります。取引手法に関してもナンピンやピラミッディングなど基本的な解説等はされていますが、相場の核心をついた書籍などまずありません。そもそも株式やFXなどを実際に取引されたら分かると思いますが、誰にも未来の株価や為替のことなどを100%的中させることなど不可能なのです。

株式取引を開始したばかりの経験が浅い方は、必勝法などを見出そうと考えたり努力したりしますが、その努力は決して無駄ではありません。( ・Д・) そしてこの事に気が付くのです。

「必勝法など決して無い」

そして、そのことに気が付いた方は次のステップへと進んでいきます。

「負けない事こそ、最善の策」
 
ここまでくれば、投資成績も格段に良くなってくると思います。投資手法は大きく分けてシステム取引と裁量取引に二分されます。システムとはルールに則って取引することであり、裁量とはその場その場で常に判断を下す取引のことをいいます。しかしそのどちらも、結局のところは自分の決断や判断が必要であり株式取引においては精神的な負荷が大きく、そのプレッシャーに耐えるだけの強い精神力が求められます。数字と格闘するのが株式取引ですが、意外と哲学的な事の方が重要なのです。

スポンサーリンク
Google カスタム検索
ブログ内の記事検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク
訪問者数 ユニークユーザ数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
月別アーカイブ
ソーシャルボタン
Amazon.co.jpアソシエイト
当ブログ「専業トレーダーの孤独な生活」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
日経平均株価 日足と週足チャート
by 株価チャート「ストチャ」
関連コンテンツ(一部広告を含む)
アクセスランキング(直近の30日間)(上位20位)
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
人気ブログランキング
Twitter プロフィール
相互RSS 賢狼パニ(・∀・)お薦めのFX・株ブログ