専業トレーダーの孤独な生活20180702

こんばんわ.。゚+.(・∀・)゚+.゚ 

本日二度目の記事更新となる賢狼パニ@今日は凄い相場でした。愛知県の片隅でひっそりと休日を過ごしている賢狼パニ(・∀・)なのですが、「サマーラリー突入」という言葉をテーマに買い目線で日中の取引を開始しました。そしたら、本当にサマーラリーに突入したのです。

賢狼パニ(・∀・) 「想定した方向と逆方向に強烈なサマーラリーが発生! 誰やねん。浮かれた気分で買い目線だったのは?」

賢狼パニ(・∀・) ノ

お恥ずかしい限りです。しかし、百戦錬磨の賢狼(・∀・)は異様な雰囲気を事前に察知して、買いポジションを薄利で手仕舞いして、すぐさまドテン売りを発動していたのです。普段はめったにドテンはしません。でも、本日は22250円が高値天井だと早い段階で察知できたのです。そうしたら強烈な下げが始まりました。さすがに22000円で止まるだろうと思い、リバウンドをゲットしようと買いを入れたら、あっけなく撃沈されてしまいました。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

本日の日中の取引 +84,434円

収益グラフ20180702

年間取引損益照会20180702

決済明細20180702

実は、忘れることのできない下落相場を過去に経験したことがあります。日中の取引だったのですが、一日中下落を続けて爆益確定と思っていたのに、午後1時35分から強烈なリバウンドが始まり、結局は下落を打ち消すほどリバウンドしてしまった相場があったのです。そういった経験からリバウンドは必ず狙うようにしているのですが、本日のように50円のリバウンドさえ許してもらえない強烈な下落を喰らうと、どうにもなりません。(´・ω・`)

まあ、上がれば売って下がれば買うのがトレードの基本です。引けピンなど一方通行の相場は、大勝か大負けしかありませんので、今日はドテン売りを出来たことが最善の判断でした。我ながら板から気配を感じ取ることに関しては、上手だなと思います(*'-'*)

証拠金もかなり増えてきましたヾ(=^▽^=)ノ

証拠金残高20180702

すぐに調子に乗ってしまう悪癖があるために、本日は62000円ほど出金しています。それでも証拠金の残金が286000円もあるのですから8連勝は強烈です。負けなければ株式トレードはあっという間にお金が増えますね(^_^)ニコニコ

5月下旬から始まった賢狼の連勝街道ですが、その時点で証拠金は約5万円程度でした。約1か月間で5万円⇒35万円まで資金を増やすことに成功したので、猛烈な勢いで証拠金が増えています。この調子を是非とも維持したいと考えています。

今夜の夜間取引

さて、問題は今夜のトレードですが非常に難しい局面になっています。日経平均株価指数先物が22250円の時点で為替は1ドル111円でダウ平均CFDはプラス60ドル程度でした。それが21750円の時点では1ドル110.75円でダウ平均CFDはマイナス127ドルです。為替とダウ平均の変動率に対して、日経平均株価は下落し過ぎていると感じています。

普通の状況なら買いから入れば絶対に儲かるのですが、ひょっとしたら「終わりの始まり」かも知れません。つまり、長期の下落相場へ突入した可能性があるのです。もし、今日の大幅下落が相場の反転を明確に示すシグナルだった場合は、買い向かうのは非常に危険となります。下落相場の入り口は下方向の感度は敏感なのに、上方向への感度が悪いからです。

しかしながら、ドル円の為替相場を見る限りでは、深刻な問題はないようです。つまり一時的なガス抜き相場だったと考えることが出来るので、この考えに基づいて取引をするなら「買い」が正解ですが、

賢狼パニ(・∀・) 「買いで攻めたいけど、取引枚数は抑えるべきだなあ。」

と、感じています。チャート的に底打ちを確認出来るまでは、買いは危険そうです。一か八かの大勝負をするのなら「全力売り」でしょう。「ブラックマンデー、ブラックマンデー」と唱えながら、米国市場を眺めるのは足が震えるほど緊張します。

あ〜あ、これでトレーダーブログを閉鎖する人がでそうだなあ

こういった不意に起こる大幅な下落を被弾した人は、あまりのショックでブログ更新を辞めてしまう事があります。そりゃあ、数百万円〜数億円を一瞬で失う事もあるので、とてもブログ記事を更新する気力が湧く筈もありませんん。

その点では、一晩で1200万円も溶かした経験のある賢狼は余裕です。どんなに大金を失ってもブログの更新が途絶えるようなことはありません(キリッ) 記事更新がないのは「寝落ち」しているだけです。ぱに

スポンサーリンク