スポンサーリンク

今日からトレードを頑張りま~す(・∀・)

取引画面

おはようございます(*・ω・)ノ

昨日は疲れ果てて寝落ちしてしまった賢狼パニ@本日より専業トレーダーです。実は昨日はたくさんのパチンコ屋を見て回っていました。自分でも多少の試し打ちはしましたが、基本的には現金を使って遊技中の台を観察していました。

パチンコで生計を立てて行くのは不可能に近い状態

平成の初めには3000万人にもいたパチンコ参加人口も2014年には970万人にまで減少したそうです。参加人口とは一年間に一回以上パチスロ・パチンコを遊技した人のことです。スマートフォンの普及やレジャーの多様化などでパチンコ屋に行かなくなった人が増えています。特に今の若者は殆どパチンコをしません。

パチンコホールも平成初期には満席だったのが、今では週末ですら空席が目立ちます。平日に関して言えば1300台も設置しているホールで開店時に並んでいるお客さんが30名程度です。以前に比べて遊技台も趣向を凝らした結果、遊技台の値段が高騰していますので設備投資費を回収する為に設定や釘調整が厳しくなっています。

厳しい設定や釘調整ではお客さんが負ける可能性が濃厚です

パチンコを打つ>負ける>パチンコを止める>遊技人口が減少、という構図になっています。完全に負の連鎖です。昨日は多数のホールで多数の機種の1000円当たりの回転数を観察していたのですが、

「駄目だこりゃ」

と思ってしまいます。ひどい台だと500円で2回転しか回っていません。お店の入り口で入店するお客さんの後ろを歩いて、その人がお金を使う瞬間を何人も観察したのですが、大抵は1000円で10回転くらいしか回っていません。収益のボーダーラインが1000円で21回転と言われている台を1000円使って10回転だけ回しているのです。

低貸パチンコやスロットが支持させるのも分かる気がします

統計学的に長い目で見ると客が負けるのが濃厚な設定で遊技するのであれば、低貸し遊技で投資額を抑えた方が良いと誰もが感じる筈です。「5円スロットや1円パチンコなんて打ちたくない」と思われるかもしれませんが、低貸パチンコのお金のゆっくりとした減り方はお財布にやさしいのです。10万円以上の勝ちなどは無理ですが、1万円~2万円程度であれば儲かることもあります。(あくまで運勝負ですけどね。)

殆どの方は5時間程度しか遊技しないのではないでしょうか?その5時間で4~6万円も負ける可能性がある20円スロットや4円パチンコよりは、どんなにお金を使っても1万円程度で済む低貸のほうがレジャーに適していると感じます。あくまで遊びとしてのパチンコです。パチプロとしては低貸で生計を立てることは不可能です。

さて、賢狼パニはどうすれば良いのでしょうか?

平日は株取引をして週末はパチンコで生活費を稼ごうと目論んでいましたが、どうみても状況的に厳しいみたいです。パチンコもある程度は運勝負ですから一日単位では勝つこともありますが、あの釘調整ではお金を溝に捨てに行っているようなものです。某店の北斗無双だけは1000円で18回転は回りますけどね(・∀・) 貯玉でうつのであれば、理論的に収支はプラスになります。

そんな訳で今日からトレードを頑張りま~す(・∀・)

この記事の拍手コメント

2017.08.21 10:56 名無しさん

トレードで生活費も無理だろ。日雇いで働け。

2017.08.22 00:54 名無しさん

パニも含めてパチンコを勘違いしている人間が多すぎる。あれは金を払って打つ時間を楽しむゲームなんだよ。儲ける手段とかでは断じてない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
証拠金10万円~100万円の奮闘記
シェアする
賢狼パニ(・∀・)をフォローする
専業トレーダーの孤独な生活

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク