スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログを読む際に、気に留めて貰い部分

専業トレーダーの孤独な生活20180306

こんばんわ(・∀・)つ

ふう。すっかり睡眠の時間帯が変わってしまった賢狼パニ@安定の寝落ちです。眠たい時に寝るのは良いのですが、睡眠が二度になってしまうのは疲労回復に効果があるのか疑問です。

相互リンクについて

さて、本日は相互リンクの申し出がありましたので承諾をしました。相互リンクは申し出があれば相手方のサイトの内容をみて、問題がなければ承諾しています。見るべきところは大きく分けて二つほどあります。ひとつは反社会的なサイトでない事。これは当然だと思います。当ブログから他のサイトへ行く導線を作るのですから、その内容があまりにも突き抜けているサイトだと相互リンクを結ぶのは難しいです(・∀・)

二つ目の点としては連絡先をサイト上に明記してあるか、もしくはコメント送信フォームが設置されているかです。実はこの二つ目が非常に重要でして、サイト運営者の基本姿勢を読み取ることが出来る重要なポイントなのです。

ブログなどでよくありがちなのですが、何かしらの不正というかインチキをしている人が運営しているブログは「連絡先が明記されていない傾向が強い」のです。

ブログ運営上の不正とは

賢狼がよく目にする事例としては、「にほんブログ村のPVランキングのバナー掲載」です。にほんブログ村のPVランキングに参加するためには、ブログ上に大きめのブログパーツを設置する必要があります。

当ブログもサイドバーとスマホ版の両方に、かなりのスペースを割いてバナーを設置しています。賢狼がこのバナーを設置する目的は、当然ですがPVランキングに参加したいからです。しかし、稀にですがこのバナーのスクリプトを操作して、バナーを画面上に表示せずにPVランキングに参加している人がいたりするのです。

これはにほんブログ村の規約違反となりますし、あまりにも自己中心的な行動だと思います。ブログ訪問者数の増加を期待してPVランキングに参加はするけれど、自分のブログには「にほんブログ村への誘導経路となるバナーを表示させない」というのは、電車でいう「無賃乗車」と同じだと思います。

ブログの中の人の人柄は、文面からだけでは分からない

やわらかい文章、スタイリッシュなブログデザインなど一見すると問題の無いブログに見えますが、ブログ運営をしている人間から見ると、

賢狼パニ(・∀・) 「あ~、このブログの中の人とは、リアルな世界では接したくないなあ。」

と、思ってしまう事があるのです。

連絡先の記述が抜け落ちている理由には二つあり、一つはブログ運営の初心者で、そこまで気が回っていない人です。無料ブログでブログ運営をしている人に多いケースです。これは悪意がある訳ではないので、仕方ないと思います。また、ブログの更新履歴をみるとブログを始めてから日が浅いことからも、初心者なんだとすぐに分かります。

そして、二つ目の連絡先が抜け落ちている理由は、意図的に連絡先を掲載していないパターンです。新聞でも雑誌でも、記事単位で「この記事は誰が書きました」とは表記されていませんが、必ず発行代表者の連絡先は明記されています。

ブログも個人発の情報メディアです。自分がプライベートで使用しているメールアドレスを記載しないまでも、ブログ用にメールアドレスを作ることは幾らでも出来ます。簡単にできる事でもそれを行っていないのには理由があるのです。

百歩譲って、連絡先を明記していないことには目をつむるとします。しかし、にほんブログ村のランキング参加用のバナーを自分のブログに表示させずにランキングだけに参加する人って、


「せこすぎる ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \ 」

もう、どれだけ意地汚いのかなと笑ってしまいます。インターネット上の記事掲載スペースですら、自己中心的な行動で不正をする人など、リアル社会では推して知るべしです。

賢狼は、暇な時に多種多様なブログを訪問していますが、記事の内容はあまり読んでいません。それよりも、ブログのデザインからブログ運営者の運営方針などを垣間見ることが好きなのです。

閲覧者(^ω^) 「そういうお前はどうなんだよ。」

賢狼パニ(・∀・) 「見ての通り、専業トレーダーを夢見る派遣労働者です(* ̄∇ ̄*)エヘヘ 」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
システムトレードで専業トレーダー復帰を目指します
シェアする
賢狼パニ(・∀・)をフォローする
専業トレーダーの孤独な生活

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク