スポンサーリンク

短期派遣で働くメリット

専業トレーダーの孤独な生活

こんばんわ(。・ω・)ノ゙

調子の悪い腰の状態でどうにか勤務を終えた賢狼パニ@明日と明後日はお休みです。今日は残業が30分ほどありましたので、日当は8625円でした。つくづく働く事って大変だなと感じています。ぎっくり腰は安静が一番の治療となるのですが、なかなか休みたいと言い出せるような雰囲気の職場ではありませんので無理をして働いてきました。

時給1000円ポッキリの明朗会計

中には週に二日や三日も休む人もいて、始業開始の時間になってみないと人員配置が全く想定出来ない職場です。これは賢狼的な物の考え方なのですが、社会保険などがなく時給1000円ポッキリの賃金設定ですから、休まずに出勤しなさいという方が無理だと思います。会社的にも欠勤を嫌うのであれば、一週間単位で皆勤手当を5000円~10000円でも設定すれば出勤率は格段に良くなると思います。一日欠勤すれば日当と合わせてマイナス13000円~18000円になりますからね。

皆勤手当がないということは、休んでも金銭的ペナルティーはないのです

そういった出勤を促す賃金設定なら数週間や一カ月単位で皆勤する人も多くなると思うのですが、悲しいかな現実は時給1000円のみです。一日の日当8000円は貰いませんので欠勤しますと言われてしまえば、会社的になすすべはありません。逆説的に考えると、不安定な身分で時給以外になんの保証もない短期雇用で働く身分としては、気楽なことが最大のメリットであり、そのメリットとは自由気ままに出勤したり欠勤できることです。

会社からも期待されていませんし、働く方としても時給の価値以上に働こうという意思はありません。このあたりは人それぞれの考え方だとは思います。賢狼などは今の現場に2カ月以上も通っていますが、社会保険はありません。契約書を何度か更新しましたが、あくまで短期雇用ということで有給も発生しませんし、雇用保険も掛けて貰えません。この部分はグレーゾーンというよりアウトに近いのですが、契約期間が短い派遣の場合はそれが普通となっています。

短期の派遣で働くメリット

しかし、それでもメリットを感じるからこそ応募する人がいるのも事実です。賢狼みたいに過去に精神疾患を患った人などにとっては、終業の鐘の音と同時に仕事をストップして当然のように帰宅できる気楽さが最大の魅力ではないでしょうか?上司や部下といったしがらみもなく、人間関係で悩んだりストレスを感じる事も殆どありません。指示を受けた以上の仕事をする必要はなく、終業時間まで言われた作業をしているだけで、どうにか食べていけるだけの賃金は貰えますので、さすがにこのような勤務スタイルで精神を病むのは不可能ですね  ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

主婦の方もあえて派遣で働いている方も大勢います。パート勤務として長期で働くと、やはり人間関係が面倒みたいで、年に数カ月だけまとめて短期の派遣をされているという方を賢狼は多数知っています。ファミレスなどの職場で扶養控除内で週に15時間とかシフト勤務で働くより、一日8時間労働で数週間から数カ月働いた方が時給も高いし都合がよいと話されているのを何度も聞いたことがあります。「なるほどなあ」と思いますね。

賢狼などは専業トレーダーを目指していますので、簡単に退職出来ないと逆に困るのです。そして、退職願などを提出しなくても、勤務開始日に退職日も設定されているのですから、こんなに都合のよい働き方はないと感じています。ですが、それでも時給1000円はちょっと安いですね。再来週からの職場は時給が1100円で休日出勤や残業もありますから、わっち的にはかなりニッコリです(・∀・) その職場で頑張って8月からトレーダー復帰です。それを考えるとウキウキします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
専業トレーダー復帰までの底辺生活編
シェアする
賢狼パニ(・∀・)をフォローする
専業トレーダーの孤独な生活

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク