スポンサーリンク

低賃金労働者にとっては、デフレ経済のほうが生活は容易です

専業トレーダーの孤独な生活

こんばんわ(・∀・)つ

やっとお給料を貰ってまともな食生活に戻れそうな賢狼パニ@ウキウキです。今日は出勤前に家賃を振り込んだり、仕事帰りに光熱費を支払ったりでいきなり5万円以上の出費となってしまいました。しかし、支払いが必要な物を支払ったので気分的に楽になりました。あとは、今週末をどのように過ごすかが課題です。

デフレ脱却の兆し

昨夜は久しぶりにダウの値動きをリアルタイムで見ていたのですが、弱さの中にも大きく崩れない堅さを感じる事が出来ました。世界経済がこのまま堅調に成長すると仮定すると、株式や不動産など投資活動をされている方と、そうでない人との間に格差が生じそうな感じですね。世界各国はインフレ目標を設定して金融緩和や財政政策を積極的に実行中なので、日本も15年間におよぶデフレ経済からの脱却も近いのかもしれません。

個人的にはデフレの方が生活が容易と考えています

賢狼みたいな低所得労働者にとっては、インフレ経済よりもデフレ経済の方が生活が容易なので個人的にはデフレのままの方が都合が良いと感じています。最近のテレビなどで紹介される海外の日本食やラーメンの番組がありますが、驚くのはその価格です。ニューヨークではラーメン1杯1500円だったり、スイスではラーメン1杯2000円など、デフレ経済が続いた日本の食品価格を基準に考えてしまうと、

「すごいな」

と思わず声に出てしまうほど、海外では物の値段が上昇しているみたいです。一昔前は3連プリンなど日本のスーパーで安くても100円くらいで販売されていたものが、最近では78円だったりと賢狼的には「ほんとに食品が安くなって生活しやすい」と感じているので、今のデフレが継続することを望みます。

インフレになれば賃金も上昇すると言いますが、派遣労働者の賃金まで正規社員と同等の比率で上昇するとは思えませんので、インフレ色が強くなってしまうと底辺生活者にとっては死活問題となってしまいます。

経済がどのように変化しようとも対応できるようにするためには、何が何でも8月からのトレーダー生活を軌道に乗せる必要がある賢狼です。8月まではまだ時間がありますので、少しずつ株式取引の勉強をして、取引手法の更なるレベルアップを図りたいと考える今日この頃です。

この記事の拍手コメント

2017.06.16 13:11 名無しさん

今まで悉く失敗してるのによくまたやれるね きっとスキャンしたら脳萎縮してるだろうな

2017.06.16 16:33 ぼろぼろPC

はやくトレーダー復帰できるように祈っております。(ぺかっきゅいいいんでもいいです。)

2017.06.17 19:50 名無しさん

ボーナス支給前の客寄せ撒き餌月間ですね 7月から夏にかけて回収に入ります 今月末までが勝負!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
専業トレーダー復帰までの底辺生活編
シェアする
賢狼パニ(・∀・)をフォローする
専業トレーダーの孤独な生活

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク