スポンサーリンク

裁量取引との決別。システムトレーダーを目指します

こんばんわ(・∀・)

いよいよ秋到来って感じで、だいぶ涼しくなってきました。2017年度の終わりも近づいて来る中、当ブログの中の人に、心境の変化があったようです。今日は株式取引との今後の付き合い方と、当面の目標などについて書きたいと思います。

まず最初に認識すべき事

パニック障害を患って14年間働いた職場を退職して、早くも10年の月日が経過しました。振り返ってみると根無し草のような生活を続けいる賢狼パニですが、楽しかった事もたくさんありましたし、辛いこともちょっとはありました。

それでもどうにかこうにか健康な状態で生活できたので、それなりに充実していたと思います。しかし、悪癖のパチンコやスロットを再開しては止めたりと、自分的には「このままでは駄目だ」と分かっていてもズルズルと不毛なことを続けていることに嫌気を感じているのも事実です。

逆に10年前では考えてもみなかった事が起きているのも事実です。今現在もブログを書いている事は自分でも驚きですが、こんなに楽しいとは想定もしていませんでした。ブログの内容に関してはタイトル負けしていますけどね(・∀・) あはは。

さて、先日ちょっとだけ書きましたが、わっちの株式取引に関しての考え方は15年前から10年前の5年間に行った株式研究に発端を発しています。簡単に言えば、「システムトレードよりも裁量取引の方が優秀」というものです。そして、その後の10年で裁量取引はどうだったかというと、ブログに書いてある通りの実績です。まったく歯が立ちませんでした(´・ω・`)

資金が少ないことも原因ですが、自分の性格で裁量取引を行うと悪い結果しか出ないようです。理由はなんであれ結果が全てです。10年間裁量取引で日経平均先物取引にチャレンジしましたが、敗北を認めざるを得ません。

賢狼の大好きなシャア少佐の言葉をちょっと借りるとこのように表現できます。

賢狼パニ(・∀・) 「認めたくないものだな、自分自身の能力不足故の過ちというものを」

敗北を認めるというよりは、はっきり言ってこのまま同じスタイルで株式取引を続けても勝てる自信がなくなったのです。賢狼はギャンブラーですので、この勝負を続けていても勝てないと悟れば潔く撤退するする必要性があることは十分に認識しています。

時代の変化

幸か不幸か、賢狼がグダグダと過ごしている間にも、世の中では技術革新が進んでいます。そして、株式取引の世界ではAIやコンピューターによる自動取引が現在の潮流です。高卒のポンコツ頭脳で裁量取引をしても、もはや勝てない時代になったのではないかと考えるようになりました。

そこでわっちもコンピューターによるシステムトレードの手法を導入しようと考えるようになりました。しかしながら、今現在の賢狼の知識は本当に微々たるものです。「エクセルでトレードツールを自作出来るらしい」ということは聞いたことがありますが、これは自分にとっては現実的ではありません。

「トレードステーション」

インターネットでいろいろと調べてみても、あまり芳しくない報告ばかりが目につきます。インターネットであれこれと検索をしていると、「トレードステーション」というマネックス証券のツールの記事が頻繁に目に入ってきます。どうやら以前は個別株やFXでしか使えなかったソフトが、今年の6月頃から日経平均先物でも使えるようになったみたいです。

まだ、詳しく調べていないので詳細は分かりませんが、このトレードステーションを利用して株式取引をしてみようと考えています。

今後の生活について

今はシステムトレードの知識が全くありませんので、これから数か月間はシステムトレードのお勉強を頑張ろうと決意しました。今は株式取引を再開するお金がありませんから、当面は働くしかありませんが、昼間は労働者として働きながら夜間はシステムトレードについて研究する生活を始めてみようと思います。

なんだか新しい目標というか、ちょっとした希望の光が見えてきたので、気持ちがすっきりとしてきました。システムトレードに関しては無知なので、ただ単に「期待だけが膨らんでいる」状態ですが、この夢や希望があれば辛い仕事にも耐えれそうな気がするのです(・∀・)

明日からは仕事探しとシステムトレード研究

タイトルは「専業トレーダーの孤独な生活」のままですし、今後も専業トレーダー復帰を目指して頑張ります。しかし、取引内容に関しては裁量取引からシステム取引へと大きく根底から変わる予定です。明日からは仕事探しとシステムトレード研究を始めようと思います。

相場復帰の時期は漠然としたイメージで、来年の春ごろかなと想定しています。最低でも30万円のトレード資金と15万円程度の生活費を用意したいと考えていますので、2017年度内にトレーダー復帰する可能性は皆無となってしまいました。まあ、システムトレードについても全く知識がないので、たとえお金があってもすぐにトレードは出来ないんですけどね(・∀・)

ブログタイトル下の説明文が近日中に変更になります

まあ、変更と言ってもシステムトレードという言葉が入るだけですけどね。あはは。そうは言っても、今日は自分にとって大きな決断をした日となりました。そして、10年間憧れ続けていた「裁量取引による専業トレーダー」という夢が散った日でもあったのです。

今後は「システム取引による専業トレーダー」を目指して頑張りたいと思います。これから来年の春まではグダグダのブログ更新になりそうですがメインコンテンツは下記となる予定です。

①労働者として働く日々の報告
②システム取引についてのお勉強報告
③YouTube動画投稿の結果報告

現在の悩み事

問題は仕事をどうするかなのですが、来週中に何か見つかればいいなと思います。ここ数年は数週間単位の仕事ばかり受けていましたが、ひょっとしたら半年単位で働ける職場を探すかもしれません。

YouTube直近48時間の海外からの視聴回数

マレーシア×1

動画の再生数はかなり減って一日10再生程度となっていますが、この試みは今後も続けていく予定です。理想は一日1本の動画投稿ですが、働き始めたらシステム取引の勉強と動画投稿とブログ執筆で時間の確保がかなり大変になりそうです。

逆に言えば、時間が足りないという状況は充実した生活の証拠でもあるんですけどね(*’-‘*)

この記事の拍手コメント

2017.10.13 23:44 何となくパ二ファン

パ二さん、こんばんわ。パ二さん、シストレにするんだ。まあ、ぼくもシストレって程じゃないけど一応、移動平均線がこうなったら買いだ、売りだ、みたいなルールのみで取引してますよ。FXを。シミュレーションもしたところ去年、今年はまずまずの利益だったんでいいかなとも思ったんですが過去2年遡ってバックテストしたら2014年は何とかプラスながら2015年は惨憺たる結果だったんで今また手法を検討中です。今度は短期と長期のGC、

2017.10.14 00:02 何となくパ二ファン

ごめんなさい。間違って送信してしまった。続きです。短期線と長期線のGC、DCでの売買での検証を始めたところです。移動平均も単純なやつより指数平滑ってやつの方が精度高いらしいんでこっちで検証&バックテスト始めようと思ってるんですがもう作業が疲れて最近はサボり気味になってますね。損小利大がいいといいますが勝率は悪いです。

そこで考えたのが損失:利益=1:?が最終的に勝率も良く利益がまずまず残るか、また勝率は劣るがそこそこ生計が立てられそうな利益が残る割合、というか損失に対しての比率かな、この2通りの利確ポイントを見つけてそれを繰り返して取引した場合のシミュレーションとバックテストをまたやろうかな、とは思ってるんですよね。

あっ、それと仕事はパ二さん同様してないです。今現在無職です。2月から見つかってません。失業手当切れる前に何とか見つけないとヤバイです。仕事しながらスイングのシステムトレードで儲けられたら最高ですね。今度パ二さんと会って取引手法について語り合いたいですね。酒でも飲みながら。

2017.10.14 00:34 名無しさん

こんばんは。先日はじめてコメントした〇畜です。先物であればやはり100円が一つのめどになると思います。私は裁量でやってますが今年は150万円ほどのプラスです。シストレだと、恐らく機械的に負け続ける場合を想定して、その資金的耐久を上げておかないといけないでしょうね。

2017.10.14 02:22 名無しさん

まだまだ勝負はこれからです。夢の無職生活のために戦う姿を見せてください。

2017.10.14 06:21 名無しさん本気なら期間工でもヤルか?6ヶ月で150万貯まるぞ。

賢狼パニ(・∀・) 「過去に期間工は二度ほどやったことがありますが、43歳の体力ではもう無理です」

2017.10.14 06:22 名無しさん

たまには息抜きしてパちいこうやないかい!

2017.10.14 09:17 名無しさん

シストレなら勝てる、そう思っていた時期がありました。プログラムは簡単なんだけどさ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
システムトレードで専業トレーダー復帰
シェアする
賢狼パニ(・∀・)をフォローする
専業トレーダーの孤独な生活

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク