スポンサーリンク

何故か売り玉3枚で含み損18000円の賢狼パニです。

専業トレーダーの孤独な生活20181221

こんばんは(・∀・)

昨日は疲れ気味で体調が悪かったので、ウトウトしながら横になっていたのですが、思い切って0時前に就寝することにした賢狼パニ@お陰様で本日の体調は好調です。賢狼は若い頃からどちらかというと長時間睡眠が必要な体質なのです。

過去に夜勤や昼夜交代勤務などをしたことがありますが、当時は常に睡魔に襲われて苦痛の日々だったことをよく覚えています。理想としては毎晩7時間は睡眠時間を確保したいと常々考えているのですが、どうしても夜更かしをしがちになっていました。今後は午前0時には部屋を暗くして布団の中に入るように生活のリズムを改善しようと思っています。

昨夜と本日のシステムトレードの結果

収益20181221

決済明細20181221

年間取引損益照会20181221

昨夜も本日の日中もロングポジションでシステムは敗北しました。ただ、本日の日中に関しては発注していた指値が寄り値よりも高めだったこともあり、損失幅は80円となっています。

現物株式は午前9時に開場しますが、日経平均株価指数先物は午前8時45分に取引がスタートします。この15分の時間差が仕事がある日の賢狼の指値注文を難しくしているのです。

損切値幅95円は思ったより狭い。

午前9時に日経平均株価が20000円だと仮定した場合、現在の先物価格は約70円ほど安い19930円程度となります。しかし、午前8時45分の寄り値では先物が20000円の事もありますし、19860円程度のこともあるのです。

この価格差を考慮しながら指値を決めるのですが、出勤前の慌ただしい時間の中で決断しなくてはならないので、この発注作業が思ったよりも負担となっています。成り行きで発注してもよいのですが、約定価格がわからないので逆指値を設定しようにも無理があります。

この部分で自分の中で一定のルールを作成する必要性を強く感じています。もう少しシステムの特性を検証しながら、あれこれと試行錯誤しますが、約定価格に応じて指値の幅で発注できる証券会社もありますので、それらも検討する必要がありそうです。

ぱにぱにシステム20181221

本日の夜間取引

最初はシステムだけでミニ1枚をショートしたのですが、体調が良いこともあり、

賢狼パニ(・∀・) 「気分は絶好調。あと数日でクリスマス。よ~し、クリスマスも近づいてきているし、派手に花火でも打ち上げようかなあ。」

と、訳の分からない理由だけで、ぱにぱにシステムに裁量取引を相乗りさせようと考えた賢狼だったのです。

トレード状況201812212219

そうしたら、しっかりと含み損が増える形となってしまいました。システム的には損切水準は20050円なのですが、あと5円で到達しそうな勢いで株価は上昇中です。尚、さすがに裁量取引の追加分もあるので、このまま損切すれば敗北が確定してしまいます。

賢狼パニ(・∀・) 「あ~あ。システム的には売りを示唆していたからそれに相乗りしたけど、苦しい展開だなあ。NYダウの開場までは耐えてみるけど、これだと昔の自分のトレードとなんら変わりがないなあ。」

システムトレードと言っても、システムの中の人は賢狼自身ですから、強い心でシステム運用をする必要性があるようです。まあ、クリスマス前夜祭ということで、今夜は派手に「ど~ん」と勝負してみようかと思います。ひょっとしたら今夜が本年最後のトレードになるかも知れません。ち~ん。南無南無。ぱに

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
システムトレード
シェアする
賢狼パニ(・∀・)をフォローする
専業トレーダーの孤独な生活

コメント

  1. カブドットコム証券は約定価格から±●●円のOCO注文を入れる事ができますよ。何度も使ったことありますけど特殊注文が豊富で秀逸です。ただ勝てない裁量トレードを続けているうちは損失を積み上げる一方でしょうけど一応お伝えしておきます。

  2. つまんねーならもうちょい頑張れよー。

  3. 恐らく不快に思われるであろうコメントを書きます。

    こつこつなシストレ?で刺激が足りず、大した根拠もなく大勝負。
    結果助かったのかどうかは知りませんが、今までとなんにも変わってないなーという感想です。
    散々言ってたいい勉強とは一体なんだったのでしょうか?

    普通はこれだけ失敗すれば気を付けようと思うものですが、「そんな自分が好き」なので、きっとまた何度も同じようなトレードを繰り返すんでしょうね。
    折角今までにない取り組みを始められたんですから、一年ぐらい脳汁に負けずに腰を据えて、種銭を貯めながらシステムの検証をしてみてはいかがでしょうか?

    以上、一閲覧者の勝手な提言でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク