スポンサーリンク

ドイツ銀行のCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)問題

専業トレーダーの孤独な生活20190314

こんばんは(・∀・)

今日は昨日の記事でちょっとだけ書いたドイツ銀行の件について触れたいと思います。尚、本日の賢狼は元気に仕事に行きましたが、閑散期ということもあり一時間ほど早上がりとなってしまいました。帰宅後はヨガをして健康的に過ごした部分はよかったのですが、夕食がマクドナルドのハンバーガーという点が反省点です(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

ドイツ銀行について

ドイツ銀行の経営不安に関しては、特に目新しい情報ではありません。2018年6月頃には、すでに記事になって経済情報誌やインターネットで話題になっていました。その頃もドイツ銀行の経営は危ないという評価になっていましたが、現在もドイツ銀行は健在です。

ドイツ銀行はヨーロッパのドイツ連邦にある、民間銀行です。ドイツ銀行は国有銀行のような名前ですが、れっきとした民間の金融機関です。そして、そのドイツ銀行の筆頭株主は昨年の時点では中国の海航集団(HNAグループ)でした。昨年の時点で海航集団はドイツ銀行の株式を10%保有する筆頭株主でしたが、現在は持ち株比率を6.6%まで減らしており、今後もドイツ銀行の株式を売却し続けて、最終的にはドイツ銀行の株式を全て手放す計画のようです。

中国の海航集団(HNAグループ)も経営危機に陥っており、とてもドイツ銀行の再建を担うプレーヤーにはなり得ません。そもそもドイツ銀行が抱えるCDSは約5500兆円分と言われており、他の民間企業がどんなに頑張ってもドイツ銀行が抱えるCDS問題を解決することは不可能だと思われます。

ドイツ銀行のCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)問題とは。

ドイツという国家のGDPが約400兆円と言われていますが、一民間銀行が債権保証している金額が5500兆円分の債券なのです。まあ、販売したCDSは、企業や国家の債券が何事もなく満期に償還されれば丸儲けという金融商品ですから、何事もなく全ての債券が償還されればよいのですが、なにやら雲行きが怪しくなりつつあるのです。

つい先日も、みずほ銀行が約1500億円分の損失を計上しましたが、これはCDS関係の損失だと言われています。CDSは保障している債権がデフォルトしてしまった場合に、その元本をCDSを販売した金融機関が保証しますという約束ですから、みずほ銀行はハイリターンを狙った投資を行った結果として、リスクが表面化してしまったということです。

今更ですが、賢狼は金融危機が発生すると予想して投資をしようと考えています。

賢狼パニ(・∀・) 「いつ金融危機が発生するかは誰にもわからないけど、リーマンショックのようにある日突然、世界中が金融不安に襲われる日は近そう。」

はっきりいって根拠もあやふやですし、ド素人の賢狼が世界経済の仕組みなど熟知している訳ではありませんが、少額でも金融危機発生に賭ければ、大儲けできるかもしれないと考えているのです。

この件に関して詳しい方が居られましたら、コメントを頂けたら幸いです。コメントを非公開希望と書き添えて頂ければ、そのように配慮します。ぱに

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
2019勝負の年
シェアする
賢狼パニ(・∀・)をフォローする
専業トレーダーの孤独な生活

コメント

  1. 転職したので久しぶりに来ました。
    何とか給料1.5倍になったよ(´・ω・`)
    トレードは2月から様子見。
    僕もこれから下に行くと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク