スポンサーリンク

岐阜暴威さんの動画を見て感じたこと。

専業トレーダーの孤独な生活20191109

こんばんは(・∀・)

この記事を書き始めた時刻は午前4時52分です。今日も残業1時間稼働を頑張ってきた賢狼パニ(・∀・)@ついつい寝落ち生活です。

トレードについて

本日はトレードについて書きたいと思います。今まではデイトレードに固執してきましたが、よくよく考えれば、別にデイトレードだけが相場ではないと考え始めてきました。そもそも、デイトレードが下手糞な訳ですから、別の取引手法を開拓した方が良いのかもしれません。あはは。

低予算でドカンと一撃を狙うのも面白そうです。プットオプション残存期間2週間程度のOTMを毎月1~2万円分ほど購入して、相場の急変を期待するのも悪くないかも知れません。低予算で取り組めば、巨額の含み損に震えながらモニターの前で涙目になることもありませんから、精神的に楽なトレードが可能になります。

あとはミニ1枚でコツコツとトレード技術を磨きながら、徐々に資金を増やすような取り組みも行いたいと考えています。目標としては年間取引損益をプラスで終われるように、資金管理とレバレッジ管理を身に着けたいですね。

岐阜暴威さんの動画を見て感じたこと。

賢狼パニ(・∀・) 「うはあ。なんだか自分を鏡で見ている感じがする。自分のポジションに都合よく相場が動く事は少ないんだよね。それよりも、相場の流れに乗る方がトレードが成功するのは明白だなあ。」

実は、賢狼は他人のトレード中継など過去に見たことが無かったのですが、これは非常に良い経験になりました。なんていうか、ダメなポジションに固執しているというか、流れに逆らったポジションはすぐに苦しい展開に陥るということを、岐阜暴威さんの動画から学ぶことが出来ました。

頭の中では分かっていましたが、実際にYouTube動画として含み損が増加している動画を見ると、

賢狼パニ(・∀・) 「なんで損切しないんだろう?」

と、感じてしまいます。これって、自分の過去のトレードと全く同じですね。ホント、反省していますし、勉強になりました。そういった意味では、当ブログのダメなトレード報告も読者の方には価値があると思いますし、駄目人間の生活ブログも学びの場を提供しているような気がします。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

さて、明日は本命のスロットについて記事を書いたいと思います。ぱに

閲覧者(^ω^) 「本命? ホント、こいつは病気だな。\(^o^)/ 」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
2019勝負の年
シェアする
賢狼パニ(・∀・)をフォローする
専業トレーダーの孤独な生活

コメント

  1. スイングや長期に切り替えるのはいいと思いますよ
    デイトレードに一番必要なのはメンタルなので、パニたんが勝てる世界じゃないのはもう分かってるでしょう
    長期なら取引回数も減るので戦略的要素の方が強くなりますし、メンタルが試される機会も少なくなります

    まあ毎日見てるだけじゃつまらないと言って結局元に戻るパニたんを期待しますが(笑)

  2. ぱにたんもピーナッツ食べたりシャドーボクシングしよう

  3. 岐阜暴威さんの動画見ましたよ。
    ここだけの話、あの人も圧倒的に勉強不足ですよね。
    自分の大切な大切な財産をぶち込むわけだから、もう少し研究するべきでしょう。
    相場の先行きか負けてどれだけ辛いかだけですもんね、しゃべってるのは。

    • わっちも岐阜暴威さんの動画を見ましたが、「自分を見ているみたい」と痛感しました。
      また、彼の動画を見たことにより、自分のトレードスタイルでは絶対に勝てないと悟りました。やはり負けている人の売買譜や動画は勉強になりますね。
      まあ、そうは言っても、実際にトレードすると頭で理解しているつもりでも、真逆の行動をしてしまうのがトレードなんですけどね。

  4. こんばんは。スロットは20円を暫く止めて、5円、10円スロットにされてはいかがですか。勝ち額は少なくなりますが、負け額もすくなくなりますので。

    • 20円スロットが悪いのではなく、AT機やART機が収益を悪化させているのです。Aタイプなら投資数千円で良いので、今後は勝てると思います。
      200ゲーム以内に初当たりがなければ撤退。これだけで良いのですから、最大負債は一日6000円になります。

  5. なんで損切りし無いのだろう?
    という疑問は、本人以外の第三者がだいたい思う所です。

    本人は損する可能性も込みで、いろいろ考えた結果、
    予測や分析に自信が充分あった上で
    ポジションを取っていますから、その時点である程度、強気なのです。

    一方、第三者はまだ買い時じゃないとか、むしろ売りだとか
    異なる相場観ですので、含み損を増やしているその人のポジションを
    そもそも最初から肯定的に見てはいません。
    損を増やすだけクソポジなんて早めに切っちゃえぐらいしか感じないものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク