スポンサーリンク

今週末は残業3時間~6時間の日々が続きそうで吐き気がしそう

専業トレーダーの孤独な生活20191205

こんばんは(・∀・)

連日の早出残業や残業2時間で疲れている賢狼パニ(・∀・)@お疲れちゃんです。

賢狼の職場では、繁忙期を迎え現場はパニックです。

通販や物流業界は年末を控え、どこも大セールを開催中か開催予定です。賢狼が働いている職場でも大量のスポットワーカーを雇用して大忙しの状況になっていますが、ただ単に忙しいだけなら良いのですが、倉庫内は荷物で溢れかえって機能不全に陥っています。

倉庫の基本的な構造は、通路と荷物保管スペースに二分されますが、現在は倉庫の通路にも荷物が溢れかえっています。また、倉庫には荷捌き(にさばき)のスペースが必要ですが、通常だと業務開始前は荷捌き場は空っぽの筈ですが、現状は朝からすでに荷捌き場が埋まっています。

その状況では荷下ろしのトラックが到着しても荷物をトラックから降ろすことが不可能となり、トラックドライバーは自分の荷下ろしの順番が来るのをトラック待機所で待つことになります。

例えば、午前9時台にトラック5台の荷下ろし予約を受け付けていても、実際に荷下ろし可能なトラックは2台だったりするので、朝からすぐに荷下ろしの遅延が始まります。トラックバースにも荷物を置いてしまっているので、理論上はトラックが8台ほど停車可能なスペースでも、実際はそれよりもかなり少ない台数しか停車出来ません。

荷下ろしと同時並行で荷物の検品とデータ処理を行い、すぐに収納棚へ商品を収納するのが通常手順ですが、収納棚がすべて埋まっているので、検品後の商品も荷下ろし場に放置されたままになります。

そして、この負の連鎖が延々と続くのですが、トラックドライバーは最大で4時間の荷下ろし遅延となり、「冗談じゃないよ」という状況になります。ですが、契約上、「受け入れセンターの状況次第で荷下ろしが遅延することがあります」と明記されているので待つしかありません。

荷下ろし場の同僚たち

荷下ろし場には「ドックマスター」と呼ばれる人が居ます。ドックマスターは到着したトラックドライバーの携帯電話番号を聞いたりして、トラックが入庫可能になったらドライバーさんへ電話して、トラックバースへ誘導したりしますが、

同僚(`・ω・´) 「すいません。あと3時間は待ってください。」「午前中の荷下ろしは不可能です。午後3時までには何とかなると思いますが、現時点では明言出来ません。」「どうにもならない状況です、ご理解ください。」

と、平謝りを続けています。これは賢狼の職場だけの問題ではなく、日本全国のどこのセンターでも同様のことが起こっています。

解決策

そこで会社のシステムでは、関東圏のセンターがパンクしているので、関東到着予定の荷物を関西方面へ割り振ったり、中部地方へ割り振ったりします。納入業者としては千葉県の倉庫へ納品したいのに、受け入れセンターの指定が愛知県だとコスト増になるから当然ですが嫌がります。

ですが、関東圏のセンターに納入予定を登録しようとしても、10日後が最短納入可能日と表示されては、翌日納品可能と表示されたセンターへ荷物を送るしか方法がありません。そして、翌日可能と表示されたセンターには、短期間で大量の荷物が送られてくるので、余裕があったセンターも一瞬でパンクしてしまうのです。

そして日本中のセンターがパンクしているのです。

賢狼パニ(・∀・) 「駄目だな、こりゃ。運送会社も待機時間が長すぎて赤字だし、受け入れ倉庫も作業効率が悪すぎて赤字。荷物を配達するヤマト運輸の決算も赤字。誰が得をしているのかわからない状況です。」

今週末は何時に帰宅できるか怪しい状況です。

明日は金曜日ですが、恐らく残業4時間程度は会社から要求されるかもしれないと覚悟しています。「蓋を開けてみなければ分からない」とよく言いますが、蓋を開ける前から分かっているのですから質が悪いです。

同僚の中には、今日の時点で残業12時間を申請している猛者もいるくらいですから、笑ってしまいます。つまり、日勤を終えて残業2時間したあとに、休憩2時間を挟んで夜勤でも働くということです。

賢狼パニ(・∀・) 「お前、大丈夫かよ?」

と思いますが、過去に22時間連続勤務をしていたくらいですから、長時間労働でも平気な人がいるのは事実です。賢狼も日勤と夜勤の連続勤務を打診されましたが一蹴しました。滅茶苦茶な話ですが、12月の物流業はこのような状況が普通です。

今週末は残業3時間~6時間の日々が続きそうで吐き気がしそうですが、頑張るしかないのが現状です。ぱに

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
2019勝負の年
シェアする
賢狼パニ(・∀・)をフォローする
専業トレーダーの孤独な生活

コメント

  1. すごい!プロのお仕事ですね!

    • いえ、派遣のお仕事です。まあ、社員以上の働きをしていますけどね。
      事務所でも、社員さん用の机に座って、パソコン操作や事務処理を行っています。
      必要な備品なども、事務員さんに伝えて購入してもらえます。

  2. 仕事、大変なようですねえ。
    しかし、職場の仕事内容から、この時期は「猫の手を借りても足りない」くらい超多忙でなければならない時期に閑古鳥が鳴いているような会社よりは万倍も恵まれているのでは?
    残業手当をためて、またトレードに挑戦してください。待っています。

  3. お疲れ様です
    この時期、物流業はどこも大変ですよね。
    私もたまにネット通販は利用しますが、この時期はなるべく避けるようにしています。
    頑張ってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク