スポンサーリンク

肩こりがひどくて寝ていました

専業トレーダーの孤独な生活20191001

こんばんは&おはようございます(・∀・)

10月1日(火)の記事更新を2日午前8時に書いている賢狼パニ(・∀・)@昨日はスロットで負けて疲れました。

10月1日のスロット稼働報告

今日もスロット屋さんへ出撃するので時間に余裕がないので簡潔に書きますね。イベントと謳っているお店へ行ったのですが、稼働時間は午前10時~午後6時となり3万円の負けになりました。

最初に打った台は「攻殻機動隊2」ですが、これは低投資でサクッと1250枚ほど出ましたが、約1200回転ほど回して「単独ボーナス」や「高設定台の挙動」を確認出来なかったので止めることにしました。

次に打った台が「涼宮ハルヒの憂鬱」です。この台を打った経験はほとんどありませんが、事故発生率が高いということで、一撃万枚を狙えるという理由でチャレンジしてみたのです。この台では先ほどの持ちコイン1250枚をすべて飲まれました。この台では約4時間は稼働したのかな?

ARTにはそこそこ突入するのですが、「ハレ晴れチャンス」の初期ゲーム数が全て5Gだったので、事故など起きる筈がありません。ARTの残りゲーム数が数十しかないのに、黒バーを狙えのフェイクBARが2回(確率1/4681)が発生するなど、無駄な引きばかりでした。

賢狼パニ(・∀・) 「さすがにフェイクBARは2回ともハズレましたが、揃っていたらショックが大きいです。」

あとは、「宇宙戦艦ヤマト2199」「獣王 覚醒」など、賢狼の好きなサミー系の機種を打って負債を増やしただけで、午後6時の帰宅です。

帰宅後の憂鬱

肩こりがひどくて寝ていましたが、その時点では日経先物は21970円と追証寸前の価格帯です。「下がるはずなんだけど」と思いつつも、涙目でうたた寝をしていたら、突如としてNYダウが約300ドルほど急落しました。

賢狼パニ(・∀・) 「よし。米国の景気指数が発表されたけど、その指数だけに限って言えば2009年のリーマンショック時並みの不調な指数らしいし、株価下落の流れは確定かな?」

10月2日(水)午前8時41分時点でのポジションの状況

上記画像は10月2日(水)午前8時41分時点の賢狼のポジションの状況ですが、まだまだ含み損を抱えています。では、今日は低予算でスロットへ行ってきま~す。ぱに

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
2019勝負の年
シェアする
賢狼パニ(・∀・)をフォローする
専業トレーダーの孤独な生活

コメント

  1. 残業、頑張っておられるようで、お疲れ様です。
    思うに残業代の一部を貯金に回すなり、スロットで倍増するなり・・・とにかく、余裕資金が増やすことができれば・・・。
    資金に余裕があれば、ある程度追売り、追買いを入れることができるので負ける確率が余裕の割合に応じて少なくなると思います。
    かく言う私も、余裕資金はそんなに無いのでトレードは、現状ごく短期で回しています。
    相場は、一方向に際限なく行くということはなく、どこかで反転するものと思いますので、難平でも際限なく入れる余裕資金があればほとんど負けることは無くなるのではという気がします。
    私も、現在トレード以外でも余裕資金を増やすことに努めています。

  2. 何とかうまく下がってくれたので、ザラ場で売り物を増やしました。
    明日下げるようなら再度売り物を増やす予定です。

  3. 以前、2法人5個人を相手に裁判
    の結果はどうなりましたか?
    いくらかかっていくら残ったか教えて欲しいです
    興味があります

    • 裁判費用は弁護士へ30万円くらいです。回収できたお金はゼロ円です。
      結局、民事訴訟で勝訴しても、相手が財産を隠して逃げ回るとお金は回収できません。

      逃げ隠れ出来ない地位の人物や法人なら回収できますが、開き直って会社を潰して逃げるような人物だと訴訟をしても無駄骨になります。
      ですから、投資先などは怪しげな会社は駄目ですね。会社の業績を伸ばすことよりも、資金を集めて逃げることを前提にしたようなベンチャー企業があるのは現実です。
      言うなれば、他人のお金で「企業経営という丁半博打」をしているのです。
      「会社が駄目なら逃げればいい」という前提で資金を集めています。

  4. 売り買いしてない期間が長すぎて損してる気がします。(機会損失っていうんでしたっけ)

    • 今回の12月限の先物売りポジでは、日経平均が20500円を割るまでホールドする予定ですので、多少の上下では売買はしません。
      ドカンと大きく値幅を取りにいきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク